奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1120
ID AN00181569-19920300-1009
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19920300-1009.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 545.5 KB
Last updated : Oct 26, 2010
Downloads : 1295

Total downloads since Oct 26, 2010 : 1295
タイトル 京阪神大都市圏の住宅地における近年の公示地価動向の地域メッシュ考察
別タイトル
Discussion on levels and fluctuations of the reported land value of recent years in residential tracks of Keihanshin metropolitan area.
著者
水田 昭夫 (Mizuta akio)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.20号, (1992. 03) ,p.129- 143
識別番号
ISSN
03892204
抄録 昭和58年(1983)、東京都心部のビル用地買収に端を発する地価の上昇は、東京の都心商業地から近郊の住宅地へ、さらに関西圏や中京圏にも飛び火し、引続き地方の広域中核都市へ、さらには地方中心都市へと全国的に拡大していった。この現象の発端は、東京への一極集中が過大に進んだうえ、将来さらにオフィス賃料が値上がりするという強い思惑が働いたため、また金利の低下が不動産投機を促した結果であり、さらには都心部の土地を売却した後の代替地やオフィスビルの不足分を補う形で、周辺の宅地にも土地需要が集中し、その値上がりをもたらしたものといわれる。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 20号
関連アイテム