奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1761
ID AN00181569-19930300-1011
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19930300-1011.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 841.2 KB
Last updated : Nov 29, 2012
Downloads : 664

Total downloads since Dec 2, 2010 : 973
タイトル 名所図会類にみる河川景観: 近世の京都、鴨川を中心に
別タイトル
River Landscape through the several sorts of Melshozue (guidebooks): an example of Kamo River, Kyoto in the Edo Era
著者
吉越 昭久 (Yoshikoshi akihisa)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.21号, (1993. 03) ,p.145- 156
識別番号
ISSN
03892204
抄録 近世の京都、鴨川・高瀬川の河川景観(特に、護岸の状態・河床と水流の状態・河川の利用と親水性など)について、名所図会類の挿画(絵)を資料として検討した結果、いくつかの知見が得られた。例えば、護岸をおこなうために石積み・柵・牛類・蛇籠など様々な工法がとられていたり、広い中洲が形成されていたことなどである。また、流水を舟運・洗浄・漁業などに利用するだけでなく、夕涼みなど河川景観の利用もおこなわれていたことなどもわかった。
これらの絵から、近世の京都の人々は、鴨川などに水の恵みや、美しさを感じていたことが知られる。現在の親水性やウォーターフロントを計画する上で、名所図会類の絵は、大いに参考になろう。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 21号
関連アイテム