奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1213
ID AN00181569-19930300-1013
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19930300-1013.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 327.8 KB
Last updated : Nov 29, 2012
Downloads : 1865

Total downloads since Dec 2, 2010 : 2090
タイトル 国内人口移動の規定要因の分析
別タイトル
An Analysis of Determinants of Internal Migration in Japan
著者
酒井 高正 (Sakai takamasa)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.21号, (1993. 03) ,p.167- 173
識別番号
ISSN
03892204
抄録 昨今の日本の国内人口移動の動向について考えてみると、1980年頃までの地方分散の動きが影をひそめ、首都圏を中心とする大都市圏への再集中傾向が指摘され、過疎・過密の進行が続いている。また一方で、人口高齢化地域の問題が深刻度を深めている。さらに、外国人労働者の流入により国際人口移動にも関心が払われるようになってきている。しかし、外国人の問題も含め人口分布の不均衡に関わる上記やその他の諸問題が存在する限り、それらと密接な関係のある国内人口移動の研究の重要性は失われない。
実際、データの整備もあって、特に移動動向の空間的パターンの側面については多くの研究が蓄積されてきたことは、拙稿でも確認した。しかしそれに比して、そうした動向がなぜ起こるのかという人口移動の規定要因を検討した研究はまだ遅れているといえるが、まずこの分野の研究について3つの流れに分けて整理してみたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 21号
関連アイテム