奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1220
ID AN00181569-19940300-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19940300-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 238.0 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 1881

Total downloads since Dec 2, 2010 : 1881
タイトル 言葉の有限性と可能性について
別タイトル
Uber die Beschranktheit and die Moglichkeit von der Sprache
著者
本田 弘治 (Honda koji)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). (1994. 3) ,p.61- 68
識別番号
ISSN
03892204
抄録 我々は様々な事柄の意味を了解し、それを言葉によって思索し、表現している。言葉はそれゆえ、意味と了解の構造を表すものである。すなわち、言葉は我々の了解の仕方に従った構造をしているはずである。しかし、我々が言葉を習得するとき、我々は言葉をそれ自身すでに一定の意味を持っものと考えている。我々は、その習得した言葉の構造に従って、様々の事柄を了解しているのでもある。この言葉の二重性の意味を、ハイデッガーが確立した解釈学的現象学の方法で考察してみたい。これらの問題の考察を通じて、ハイデッガーの哲学が投げかける深い問題一言葉と了解、思索と詩作一について少しでも近づいてみたいと考える。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Memoirs of the Nara University
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 22号
関連アイテム