奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2116
ID AN00181569-19940300-1018
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19940300-1018.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 392.3 KB
Last updated : Nov 29, 2012
Downloads : 1482

Total downloads since Dec 2, 2010 : 1768
タイトル 環境不確実性が大きい場合に成長欲求の強さがワーク・モチベーションと職務満足感に及ぼす効果
別タイトル
The effect of the growth need strength on work motivation and job satisfaction under the higher environmental uncertainty
著者
小久保 みどり (Kokubo midori)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.22号, (1994. 3) ,p.253- 260
識別番号
ISSN
03892204
抄録 組織で働いている人々が、自分の職務を取り巻く環境に関して感じる不確実性、すなわち知覚される環境不確実性が大きくなると、ワーク・モチベーションと職務満足感は低下する。このことは成長欲求の強い人にも当てはまるのかを本研究では検証した。次のような仮説をたてて調査を行った。仮説成長欲求の強い人は、環境不確実性が大きくなっても成長欲求の弱い人ほど、ワーク・モチベーションと職務満足感は減少しないだろう。調査の結果は次のようなものであった。ワーク・モチベーションは、環境不確実性の大小にかかわらず成長欲求が強くなるほど高くなり、職務満足感に対しては、環境不確実性の負の主効果及び、環境不確実性と成長欲求の交互作用効果がみられた。すなわち環境不確実性が小さく成長欲求が弱い群で、他の群(環境不確実性大で成長欲求弱群、環境不確実性大で成長欲求強群、環境不確実性小で成長欲求強群)よりも職務満足感が有意に大きかった。以上のように仮説はほぼ支持され、環境不確実性が大きくなっても、成長欲求の強い人のワーク・モチベーションと職務満足感は成長欲求の弱い人に比べて減少しないということが実証された。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 22号
関連アイテム