奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:966
ID AN00181569-19950300-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19950300-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 467.2 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 1036

Total downloads since Dec 2, 2010 : 1036
タイトル 土地の評価に関する研究
別タイトル
Evaluation of Land
著者
實 清隆 (Jitsu kiyotaka)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.23号, (1995. 03) ,p.95- 110
識別番号
ISSN
03892204
抄録 わが国の「地価」の高さは世界的に見ても異常なほどで、日米構造協議の課題の対象にさえなっている深刻な問題である。バブル経済が崩解して、経済が低成長になったのを機に、東京圏では1988年、大阪圏、名古屋圏で1991年から急激な地価の下落が見られた。とりわけ商業地では、ピーク時の半値近くまで下がっている。然し、住宅地について言えば、その下げ幅は商業地ほど大きくはなく、1994年に入って、ようやく、マソショソについては東京圏でも、サラリーマソの年収の5倍~6倍程度で手に入るまで落ちて来たものの、「土地付き」住宅となると、依然として高根の花で、東京や大阪の巨大都市圏での持ち家は依然として夢物語となっている。ここに、この「地価」について、幾つかの論議を検討し、「地価問題」の解決の条件を探ってみる。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 23号
関連アイテム