奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1031
ID AN00181569-19950300-1010
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19950300-1010.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 245.9 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 672

Total downloads since Dec 2, 2010 : 672
タイトル 青年期人ロ移動の分析
別タイトル
An analysis on young migrants
著者
酒井 高正 (Sakai takamasa)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.23号, (1995. 03) ,p.137- 145
識別番号
ISSN
03892204
抄録 第二次大戦後の日本の国内人口移動動向の推移については、2度のベビーブームによる人口年齢構造の偏りとUターン仮説の組み合せにより強力な説明が得られる。従来、Uターソを含む移動行動についての研究は、全国規模では集計レベルにほぼ限定されていた。本稿では、ライフサイクルにおける移動歴が個人単位で調査された厚生省人口問題研究所の1986年「地域人口の移動歴と移動理由に関す人口学的調査」のデータを用い、個人レペルでのUターン仮説の検証を試みた。近年における青年期移動者を把握するため、これまであまり分析の進んでいない世帯主の子(なかでも別居子と出戻子)に焦点を絞り、予察的分析を行った。その結果、別居子では結婚時における比較的短距離の移動の卓越が示唆されたが、出戻子では非大都市圏と大都市圏の間でUターンをする者の存在の大きさが明らかになった。今後の詳細な分析で、さらに深く仮説検証を行いたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 23号
関連アイテム