奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1517
ID AN00181569-19950300-1017
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19950300-1017.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 362.1 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 1311

Total downloads since Dec 2, 2010 : 1311
タイトル 自己認識方途としての社会的比較の位置: 日本人大学生に見られる特徴
別タイトル
The status of social comparison as a mean of self-recognition: Some findings about Japanese college students
著者
高田 利武 (Takata toshitake)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.23号, (1995. 03) ,p.259- 270
識別番号
ISSN
03892204
抄録 青年期の自己認識の形成過程における社会的比較の役割を探ることを目的とし、研究Ⅰでは Schoeneman (1981) に準拠した技法、研究Ⅱではそれに Suls & Mullen (1982) の技法を加味した手法を用いて、大学生の用いる自己認知の方途を質問紙により調査した。その結果、(1)自己観察が最も用いられる方途であり、社会的比較はそれに次ぐものであること、(2)自己認識の肯定的側面では他者を手がかりとする方途、否定的側面では自分自身を手がかりとする方途が用いられる傾向があること、の2点が双方の研究から明らかとなった。これらの点に関して、自己認識方途における文化的要因、および、社会的比較の概念の再吟味の必要性が論議された。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 23号
関連アイテム