奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1223
ID AN00181569-19950300-1019
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19950300-1019.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 441.3 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 1133

Total downloads since Dec 2, 2010 : 1133
タイトル 集団や組織に関する価値観と職場の風土
別タイトル
VALUES ABOUT GROUPS AND ORGANIZATIONS OF EMPLOYEES AND THE ORGANIZATIONAL CLIMATE OF THEIR WORKPLACE
著者
小久保 みどり (Kokubo midori)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.23号, (1995. 03) ,p.279- 300
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本研究では働く人が持っている、集団や組織に関する価値観と働く人を受け入れている会社側の職場の風土の適合、不適合が働いている人の会社へのコミットメントやさまざまな側面への満足感、会社への勤続意志、仕事の継続意志などに及ぼす影響を検討した。約8000人のデータを男女別に分析した結果、以下の事が実証された。働いている人の集団や組織に関する価値観が革新で、職場の風土が革新である場合、そこで働く人の会社へのコミットメソトやさまざまな側面への満足感、会社への勤続意志、仕事の継続意志などは他の組合せよりも有意に高くなった。価値観が革新で職場の風土が保守である場合は逆にこれらの変数の得点は低くなったが、女性の場合それは価値観が保守で職場の風土が保守である場合と同じぐらいの低さであった。男性の場合は価値観、職場の風土ともに保守の場合の方が多くの変数でより低い結果となった。また、価値観・保守一職場の風土・革新の場合は、多くの変数で価値観・革新一風土・革新の場合よりも低い結果であったが、価値観・革新一風土・保守、価値観・保守一風土・保守の場合よりも高い結果となった。働く人の価値観と職場の風土が単に適合していればいいというわけではなく、満足感等を低める適合があるということに関して検討した。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 23号
関連アイテム