奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1000
ID AN00181569-19960300-1017
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19960300-1017.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 854.1 KB
Last updated : Dec 6, 2010
Downloads : 2077

Total downloads since Dec 6, 2010 : 2077
タイトル マーケティング・チャネルの変容: "ビジネスシステム"の視角からの接近
別タイトル
Changes in Marketing Channels: An Empirical Approach From "Business System" Viewpoint
著者
太田 一樹 (Ota kazuki)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.24号, (1996. 03) ,p.239- 261
識別番号
ISSN
03892204
抄録 わが国流通の構造特性や取引慣行についての研究、およびマーケティングチャネルに関する研究には優れた多くの業績が蓄積されている。しかし最近の流通環境変化に伴うチャネルの変容要因の解明及び再構築に関する研究は、今だ多くの課題が残されている。そこで本稿では、この現代的問題に対して実践的なインプリケーションの導出を主眼に、"ビジネスシステム(論)"の視点から主にケースを中心に分析を試みたものである。その結果から、いくつかの理論的・実践的課題が示唆された。主要なものとしては以下の通りである。第一に系列小売店の「やる気」の醸成とそれに関連した社会的インセンティブの重要性である。第二に、チャネルの変容は、外部環境変化のみに規定されずチャネル自らが社会的依存関係の中で変容している可能性のあることである。これらの結果は、理論的にも実践的にも従来のチャネル研究に対して新しい視点の存在を示唆するものである。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 24号
関連アイテム