奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1569
ID AN00181569-19970300-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19970300-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 189.0 KB
Last updated : Dec 2, 2010
Downloads : 2874

Total downloads since Dec 2, 2010 : 2874
タイトル 阪神・淡路大震災後の人口の動き
別タイトル
On the Population Trends after the Great Hanshin-Awaji Earthquake
著者
酒井 高正 (Sakai takamasa)
文学部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.25号, (1997. 03) ,p.79- 85
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本報告では、阪神・淡路大震災後の被災地の状況のうち、人口の面に着目してその動向を調べ、災害時の人々の動きを把握することにより、今後の防災対策を考えるうえでの一助にすることを目的とする。まず、各種統計から人口数の推移を把握する。そして被災地の人口動向のうちで、被災地から脱出する人々の動きを取り上げた。具体的には神戸市民の神戸市外への移動(いわゆる疎開)状況の傾向を調べ、災害時の周辺および全国各自治体の被災者受け入れ状況を考察した。その際、人口地理学的分析を取り入れ、平時の人口移動との比較を行うことにより、疎開移動の特色を明確化させた。他にも、児童・生徒の転校からも人の動きを追ってみた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 25号
関連アイテム