奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1513
ID AN00181569-19970300-1008
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19970300-1008.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Nov 9, 2012
Downloads : 286

Total downloads since Dec 2, 2010 : 402
タイトル COMPUSTATデータのパソコンによる処理プロセスとパネルデータ分析: カナダ企業の財務データを中心に
別タイトル
COMPUSTAT Data base Processing by Personal Computer and the Analysis of Panel Data
著者
道明 義弘 (Domyo yoshihiro)
社会学部
伊藤 研一 (ito ken'ichi)
社会学部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara Universit). Vol.25号, (1997. 03) ,p.119- 162
識別番号
ISSN
03892204
抄録 COMPUSTATのデータベース(アメリカ、カナダ企業の財務データベース)をパソコンで用いることができるようにするシステムを開発した。これまで、パソコンでこのデータベースを利用しているという例がなく、また、パソコンだけで利用可能にした例はないので、どのように利用可能にしたかを報告することを目的としている。そのプロセスは、次の5段階によっている。第1段階は、MTからパソコンのハードディスクにデータを移し、コードをASCIIコ一ドに変換すること。第2段階は、データベースのフォーマットを変更し、データ項目を連続させる。第3段階は、5年間で1レコードとなっているそれぞれの年について、各年のレコード長をそろえる。第4段階では、各年のデータ項目を連続させて、各年毎にデータを利用できるようにする。第5段階では、それぞれの項目のデータを見やすく整形している。この処理過程を経ることによって、COMPUSTATのデータベースは、パソコンで利用可能となっている。カナダ企業、アメリカ企業と日本企業の経営比較が可能になる。カナダ企業と日本企業の経営比較の一例として、資産総額、負債総額、自己資本、売上高、売上原価、販売費・一般管理費、営業利益、税引前利益、当期純利益、従業員数を変数として、パネルデータの分析を実行した。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 25号
関連アイテム