奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1645
ID AN00181569-20000300-1009
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20000300-1009.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 293.1 KB
Last updated : Dec 11, 2009
Downloads : 1215

Total downloads since Dec 11, 2009 : 1215
タイトル 記憶と記念の社会心理学Ⅰ: 身近な死についての語り
別タイトル
Social psychology of commemoration and recollection(Ⅰ): how people describe a deep loss after the death of a person closest to them?
著者
矢守 克也 (Yamori katsuya)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.28号, (2000. 03) ,p.159- 168
識別番号
ISSN
03892204
抄録 災害や戦争が人々に打撃を与えるのは、それらが、しばしば、人の死、とりわけ、身近で重要な人の死を伴うからである。身近な死は、日常世界にとって、その内部に存在するすべての事がらの同一性(意味)が、その否定を基点として組み立てられているような、もっとも違背的な領域を構成している。そのため、それは、日常世界における、意味の動揺・混乱、場合によっては、意味の喪失を招来する。そのことを示す具体的な現象として、時間感覚の変調、および、モノと身体の混融という二つの現象を指摘することができる。いずれも、日常世界にあっては、もっとも安定的な弁別を受けているはずの領域までが、身近な死によって失調していることを示す現象である。したがって、身近な死を語るという行為には、独特の困難が存在する。なぜなら、語るということの実質が、言葉(意味)によって対象を同定する操作であるとすれば、意味の動揺・喪失を喚起する身近な死という体験を語るとは、そもそも語ることのできない(少なくとも、語ることの困難な)事がらについて語ろうとする営為だと言えるからである。よって、一方では、語りに託された「記録」を保存・伝達するとともに、他方で、この体験(語り)の「空白」を浮上させる営為(「記憶」)も重要である。今後、意味の変調という原初的な場面に相在したモノを「記念物」として活用しつつ、「記憶」を保存・伝達する方途が模索されるべきであろう。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 28号
関連アイテム