奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2008
ID AN00181569-20010300-1009
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20010300-1009.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.1 MB
Last updated : Oct 19, 2012
Downloads : 348

Total downloads since Dec 11, 2009 : 979
タイトル 〈戦争〉の記憶
別タイトル
"War" as a metaphor
著者
矢守 克也 (Yamori katsuya)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.29号, (2001. 03) ,p.149- 162
識別番号
ISSN
03892204
抄録 1995年に日本社会に起こった2つの大きな出来事、「阪神・淡路大震災」と「地下鉄サリン事件」、および、30年前に発生した「光化学スモッグ事件」は、さしあたって、その現相的光景の一致を挺子に、いずれも、〈戦争〉という隠喩で語られた。本論では、まず、そうした隠喩の具体例を挙示しつつ、〈戦争〉という隠喩の使用は、単に、表層的な事象の一致に基づくのではなく、これらの出来事が、いずれも、一箇の生活世界、剴切には、一箇の生活世界をそれたらしめている規範的規制が、総体として動揺・崩壊した状態(〈戦争〉)を招いた事実に由来することを指摘した。次に、この規範的規制の動揺とは、廣松(1982)の言う「所与的契機-所識的契機i成態」の根幹的動揺にほかならず、したがって、〈戦争〉の記憶とは、上記の二重成態の回復過程--前者に力点を置く「記憶」と、後者に力点を置く「記録」の2種類が想定される--であることについて論じた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 29号
関連アイテム