奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2086
ID AN00181569-20020300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20020300-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.6 MB
Last updated : Oct 19, 2012
Downloads : 551

Total downloads since Dec 3, 2009 : 1396
タイトル 中国人の日本観:郁達夫
別タイトル
中国人的日本观:郁达夫
著者
蘇 徳昌 (So tokusyou)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.30号, (2002. 03) ,p.15- 44
識別番号
ISSN
03892204
抄録 天才的な詩人・作家・文学者である郁達夫は中国文学革命の主将で、中国近代文学の先駆者であったが、その生涯は悲劇の連続であった。多くの国民或いは文学界から頽廃作家などと誹謗され、友や妻に裏切られ、母親・兄は戦争中に悲惨な死を遂げ、自分自身も何と終戦直後に日本憲兵に殺害されてしまった。その彼が日本人は中国人を蔑視していると憤慨しながらも、日本人を心から愛し、日本文化を絶賛し、傾倒した。日中戦争で日本は本来の美しい姿を失い、歪んでしまった。軍部は戦争を起こした張本人である。軍国主義の高圧により、文学は大々的に後退し、絶滅の深淵に陥っている、と指摘し、最後まで闘い続けた。彼は日本人的な中国人であり、その日本観は愛憎交錯したものである。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 30号
関連アイテム