奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1936
ID AN00181569-20030300-1013
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20030300-1013.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 391.5 KB
Last updated : Nov 9, 2009
Downloads : 1549

Total downloads since Nov 9, 2009 : 1549
タイトル 熱伝導率による無機造形文化財の劣化度の定量的評価法の開発
別タイトル
Development of Quantitative Estimation Method for Determining Degradation in Level of Inorganic Cultural Properties by Means of Thermal Conductivity Measurements
著者
西山 要一 (Nishiyama yoichi)
文学部
林 國郎 (Hayashi kunio)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.31号, (2003. 03) ,p.199- 212
識別番号
ISSN
03892204
抄録 無機造形文化財の保存・修復に当たって、それらの劣化(風化)の程度を正確に把握しておくことは、極めて重要である。本研究では、風化作用でおこる固体材料の内部構造や構成成分の変化が鋭敏に反映される熱伝導率により、石造物や建築用材料(レンガや壁など)のような無機造形文化財の劣化度を定量的に評価する方法を開発した。穿孔が可能な被測定物に対して、その表面から中心部の熱伝導率が測定できる二ードルプローブを用いることにより、固体材料の表面劣化度の評価が可能になった。さらに、ノート型パソコン、携帯型電圧計、及び特注の電流発生器から構成された可搬型の熱伝導率測定装置と平面加熱型プローブにより、文化財に損傷を与えることなく劣化度の"その場"評価が可能になった。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 31号
関連アイテム