奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1757
ID AN00181569-20050300-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20050300-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 44.5 KB
Last updated : Dec 6, 2010
Downloads : 4406

Total downloads since Dec 6, 2010 : 4406
タイトル ジェンダー認知の変容とその測定方法の検討
別タイトル
An Examination into Measurement for Changes of Gender Cognition
著者
湯川 隆子 (Yukawa takako)
社会学部
石田 勢津子 (Ishida setsuko)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.33号, (2005. 03) ,p.81- 93
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本稿では、近年におけるわが国のジェンダー認知の変容について、心理学的にこの認知的変容の事実をより的確に測ること、さらには、変容の事実が確認された場合、その変容を規定する要因や条件を明らかにするためにはどうすべきかを、測定方法の問題を中心に検討した。具体的には、以下の4点について考察した。まず第1に、わが国において近年、「性別役割分業観」や「男らしさ・女らしさ」のステレタイプなどに代表される伝統的な性別意識あるいはジェンダー規範への準拠意識から、これらを否定する平等主義的な態度やジェンダー・フリーな価値観へと人々の認知が変化してきている傾向を最近の心理学的研究知見から示唆した。第2に、こうした変化をより的確に測定するために吟味すべき心理学上の研究方法の問題点を指摘した。第3に、ジェンダー認知の変容を規定する要因や変数としてどのような概念や指標が有効かを、ジェンダー規範や社会制度・システムと、人間の生物学的・生殖的性との関係から考察した。第4点目に、現在、心理学でよく利用されている尺度として「両性性尺度」と「平等主義尺度」を取り上げ、それらの妥当性と有用性を、上記3点の考察を受けて検討した。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 33号
関連アイテム