奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1171
ID AN00181569-20070300-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20070300-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 372.2 KB
Last updated : Dec 24, 2010
Downloads : 1396

Total downloads since Dec 24, 2010 : 1396
タイトル ジ-t-ブチルパーオキシドを用いた4-デオキシ-L-ラムノースの合成
別タイトル
Synthesis of 4-deoxy- L -rhamnose using di-t -butyl peroxide
著者
藤原 剛 (Fujiwara tsuyoshi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.35号, (2007. 03) ,p.33- 40
識別番号
ISSN
03892204
抄録 L‐ラムノースは抗酸菌の細胞壁のペプチドグルカンとアラビノガラクタンとの結合点の構造[→4)
‐α‐L‐Rha‐(1→3)‐α‐D‐GlcNAc‐(1→]を構成する鍵になる化合物であり、アラビノガラクタンのラムノースへの結合部位を無くした4‐デオキシ‐L‐ラムノースは抗酸菌の生育阻害剤になる可能性を持つので、これを簡便に合成する方法について検討した。その結果、メチル 2,3‐ジ‐O‐イソプロピリデン‐4‐O‐アセチル‐α ‐L‐ラムノピラノシドをジ‐t‐ブチルパ‐オキシドとトリフェニルシランの存在下で140℃、 2時間加熱して得た4‐デオキシ体を、トリフルオロ酢酸で加水分解して約22.4%の収率で4‐デオキシ‐L‐ラムノースを合成した。この方法は比較的多量の4‐デオキシ‐L‐ラムノースを簡単に合成することができ、大量合成に有用な合成法であると考えられたが、収率がやや低く改善が必要であった。 
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 35号
関連アイテム