奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1279
ID AN00181569-20070300-1013
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20070300-1013.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 71.5 KB
Last updated : Dec 7, 2010
Downloads : 2879

Total downloads since Dec 7, 2010 : 2879
タイトル 戦後上級官僚の行動様式と「政官関係」の変容
別タイトル
Patterns of Behavior of high-ranking Bureaucrats in postwar Japan and their changing Relations with Politicians
著者
中道 實 (Nakamichi minoru)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.35号, (2007. 3) ,p.177- 194
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本稿は、戦後上級官僚の役割意識・行動とその変容を、彼らのキャリア・パス、およびそれが発達させる管理エリート意識と関連づけて探究した。戦後上級官僚を対象に実施した質問紙調査のデータを分析した結果、つぎの諸知見を得た。
1)上級職試験に合格した新人官僚は、ほぼ一定のキャリア・パスの中で、エリート集団への新規参入者としての教育訓練を受け、職務を習得し、組織に対する能動的な貢献意欲と管理エリート的「組織的人格」を発達させていく。2)上級官僚の行動は、「行政人」「官僚人」「公共人」の因子の影響を受けている。戦後復興・高度成長期をリードした官僚から、低成長移行後の「利益調整型」官僚への「公共人」行動因子の減退が存在する。3)行政官僚は政策過程のすべてのステージで卓抜した影響力を行使し、政府首脳・閣議は「政策決定」ステージで行政官僚に比肩ないし優越する影響力を行使する。上級官僚は、政治家に権力が移行していく状況のなかで「政治的官僚」化を志向している。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 35号
関連アイテム