奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:633
ID AN00181569-201503-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201503-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 754.4 KB
Last updated : Jun 28, 2016
Downloads : 379

Total downloads since Jun 28, 2016 : 379
タイトル 硬熱ループDyson-Schwinger方程式によるQED相転移現象の数値解析の改善
別タイトル
Phase Transition in the Thermal QED : Improved Numerical Analysis in the HTL Dyson-Schwinger Equation
著者
吉田, 光次 (Yoshida, Koji)
奈良大学教養部
横田, 浩 (Yokota, Hiroshi)
奈良大学教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.43, (2015. 3) ,p.61- 73
識別番号
ISSN
03892204
抄録 有限温度QEDにおけるカイラル対称性の破れを、硬熱ループ近似を用いたDyson-Schwinger方程式の解の解析によって研究する。精度の高いデータの解析により、相転移点近傍の分析が可能になり、ゲージや結合係数によらない臨界指数の普遍的性質を得ることが出来る。LandauゲージとFeynmanゲージでの計算結果に大きな差異はないことも示される。一方、カイラル相転移の相図におけるゲージ依存性は小さいものの、Ward-Takahashi恒等式を満たす解の模索が必要であることが示唆される。
キーワード
相転移
臨界指数
有限温度
phase transition
critical exponent
thermal QED
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 43号
関連アイテム