奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:344
ID AN00181569-201803-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201803-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 427.6 KB
Last updated : Mar 12, 2018
Downloads : 1758

Total downloads since Mar 12, 2018 : 1758
タイトル 相対論的質量という概念は不要である
著者
横田, 浩 (Yokota, Hiroshi)
奈良大学教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). No.46  (2018. 3) ,p.81- 96
識別番号
ISSN
03892204
抄録  GPSでの時間のずれの補正のために相対論の効果を考慮しなければならない。そのような(特殊)相対性理論を解説する書籍等の中では、「速度が増すと質量が増加する」とか「質量が増加するため加速しにくくなり、光速を超えることができない」などの説明がされている。速度により変化する質量は「相対論的質量」と呼ばれている。しかし、このような説明は誤解を招き、混乱を生じさせるものである。本稿では、「相対論的質量」を用いずに説明し、本来の特殊相対性理論の要請を満たすためにも、「相対論的質量」の概念を導入すべきではないことを主張する。
キーワード
相対論的質量
4元運動量ベクトル
ローレンツ共変性
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 46号
関連アイテム