奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1480
ID AN10403791-20100300-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10403791-20100300-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.6 MB
Last updated : Oct 14, 2011
Downloads : 1524

Total downloads since Oct 14, 2011 : 1524
タイトル ブラジル移民の研究―移民家族がたどった「史的モノグラフ」からの考察―
別タイトル
Research on Japanese Who Immigrated to Brazil: An Histrical Monograph of Japanese Immigrant Families
著者
池田 碩 (Ikeda hiroshi)
奈良大学文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学総合研究所
上位タイトル
総合研究所所報 (Bulletin of Research Institute). Vol.18号, (2010. 03) ,p.37- 86
識別番号
ISSN
09192999
抄録 1908(明治41)年4月神戸港から「笠戸丸」でブラジルへと781人が集団移住して昨年は100年を迎えた。このため、送出側の神戸市では笠戸丸が出港した4月に、受け入れ側ではブラジルのサントスへ入港し集結したサンパウロ市を中心として6月に、記念式典が挙行された。筆者も両国での式典に出席した。ブラジルへは約24万人が渡ったがその子孫である日系人が約150万人、すでに5~6世に達しており、ブラジルは最大の日系人居住国となっている。ところで、筆者がなぜこのような行事に出席し、さらにこの論文を書くことにしたのかをまず述べておく。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 総合研究所所報 / 18号
関連アイテム